海湖と歴史の若狭路海湖と歴史の若狭路

「ドーンと福井 in 神楽坂 越前・若狭まつり」を開催!

福井県ゆかりの地 ‟神楽坂” でイベントを開催しました!

福井県ゆかりの地、‟神楽坂”(東京都) にて、福井県の特産品や観光・歴史をPRするイベントを開催しました。
今年で11回目を迎え、神楽坂での秋の恒例イベントとして定着しています。

神楽坂と若狭路とのつながり・・・

江戸時代、小浜藩の江戸屋敷は神楽坂周辺にありました。
酒井忠勝が三代将軍徳川家光からこの地を拝領し、後に若狭国(福井県)小浜藩の下屋敷となったのが始まりです。
酒井家の下屋敷と牛込御門を結ぶ約1kmの道は忠勝の登城道として整備され、現在の神楽坂通りの原型が作られたといわれています。

メインイベントは、小浜藩主・酒井忠勝公の江戸城登城を再現した「小浜藩酒井大老登城行列」。その他、「幕末明治福井150年博」の特別ブースや県無形民俗文化財である「雲浜獅子」の演舞披露など、盛りだくさんの企画により会場は大いに盛り上がりました。

≪主な内容≫
✿ 若狭の伝能「雲浜獅子」の演舞披露
✿ 世界が認めた年代のものさし「年縞」の展示
✿「幕末明治福井150年博」の映像等による「福井の先人」の紹介
✿「小浜藩酒井大老登城行列」の神楽坂行進
✿ 越前・若狭の特産品の試食・販売会
✿ 鯖のへしこ料理教室 など
関連記事や写真はこちら(pdf)
✧福井新聞掲載記事①(平成30年11月24日(土))
✧福井新聞掲載記事②(平成30年12月16日(日))
✧イベント写真①(雲浜獅子)
✧イベント写真②(オープニング~登城行列)